« 乳頭温泉「鶴の湯温泉」 ~ (2泊目の食事と感想) | トップページ | 秋田県の温泉一覧 (3湯) »

2013年1月 9日 (水)

強羅温泉「強羅環翠楼」 ~ 雑誌「まっぷる」の当選旅行!

spa宿泊日:2008年9月 神奈川県 『強羅環翠楼』   ※雑誌「まっぷる」懸賞旅行

当時、参考にしていた雑誌「まっぷる」★2008年度版
東西に分かれていて、この2冊は結構内容がよく、全国の宿を参考にしていた。

Img_0064Img_0062

アンケートプレゼントがあったので、応募したら当選したのが今回の宿sign03
宿泊券が届いて当選したのがわかったときの嬉しさって、大きいですよね~。
しかも、今回は1人2万円~もする宿でした。(まっぷるさん、ありがとうございました♪)

当選した宿がある箱根は父が良く行っていたので、今回は家族孝行旅行にしました。
この宿は後に知ったのですが、旧三菱財閥岩崎家の別荘だったのを譲り受け、
昭和24年に宿として開業したということです。(父は知っていただろうか?)

旧岩崎家の別荘だけあって豪華です。
広い敷地には華清園と名付けられた立派な庭園と池が広がり、四季折々の景色が楽しめる宿です。

092_3

玄関には砂利が敷き詰められていて、入口は意外に質素でした。
宿を出たところには川も流れていて、緑豊かな場所です。

Photo_3

部屋は離れもあり、源泉かけ流しの内湯付きの部屋もあり、それぞれに造りが違うようですが、
どの部屋からの眺めはよく、景色を楽しめるようになっています。

私たちの通された部屋は、2階でした。
たぶん・・・「一昭亭」の「杉の間」か「竹の間」じゃないかと。。。
外の庭から私たちの部屋であろう部分を撮ったところが、こんな感じでした。

Img_0908

部屋の写真は、これしか撮っていなかった。。。
広縁付きで、ほぼ全面が見渡せるようになっていて、窓ガラスは足元まであるので、
とても眺めが良かったです。
部屋の造りも凝っていて、楽しめました。

Img_0903

窓から左の方を眺めていたら、山に大文字焼きの後が見えました。
初めてみた。

Img_0914

それにしても、本当に良い場所に別荘を持っていたんだなぁ~。
行った時期が中途半端な季節だったけど、秋や春ならさぞかし美しいだろうと思う。


お着きのお菓子は「湯もち」というもので、やわらかい餅に餡子を固めたようなキューブ?が入っていました。
甘さもほどよく、これはとても美味しかったです。
お土産に買いたかったけれど、売っていなかったような??

076077

調べたら・・・ 「湯もち本舗 ちもと」 にて購入できるようです。

神奈川県の指定銘菓にもなっているという、この「湯もち」は、
もち米を使用した白玉粉を練り上げ、細かく刻んだ本練羊羹を入れたものだそうです。

つづく・・・(温泉)

|

« 乳頭温泉「鶴の湯温泉」 ~ (2泊目の食事と感想) | トップページ | 秋田県の温泉一覧 (3湯) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186041/58526446

この記事へのトラックバック一覧です: 強羅温泉「強羅環翠楼」 ~ 雑誌「まっぷる」の当選旅行!:

« 乳頭温泉「鶴の湯温泉」 ~ (2泊目の食事と感想) | トップページ | 秋田県の温泉一覧 (3湯) »