« 法師温泉「長寿館」 ~ (旅館料理と感想) | トップページ | 乳頭温泉「秘湯 鶴の湯温泉」 ~ にごり湯の雪見露天風呂 »

2013年1月 5日 (土)

乳頭温泉「秘湯 鶴の湯」 ~ ひとり旅

spa宿泊日:2008年2月 秋田県 『秘湯 鶴の湯』

秋田の秘湯へ・・・みちのくひとり旅。 しかも2泊3日。
相方が仕事で行かれなくなった、だと。 なにぃsign04punch 
半年前から予約取って、ずーっと、ずーーっと、この日を楽しみにしていたのにぃ!
まっ、相方が行かれなくとも、温泉は外せませんからねsign03
それに、ここは既に2回行っているので、行き慣れているしね。


ということで、ひとり、新幹線に乗って田沢湖駅へ。
ちょうどお昼なので、駅前にある「十割そば処 そば五郎」で昼ごはんにした。
蕎麦屋で好きなメニューの天ざるそばを注文。
天ぷらはサクサクで、蕎麦は細めでなかなか美味しい。

29_3_2

お腹を満たしたところで、駅前から出ている定期バス(羽後交通 乳頭温泉行)に乗って、
「アルパこまくさ」で下車 → 宿のバスに乗換て宿へ・・・と行きたいところですが、
宿のバスが来るまでは時間があったので「アルパこまくさ」で立ち寄り湯に入ることにした。

ここは乳白色の内風呂と見晴らしの良い露天風呂があるので、お薦めです。
残念ながら写真は撮っていないので・・・その後に行った際の記事で載せようと思います。

313296

2008年、この年は雪が少なかったんですね。
田沢湖駅もそうでしたが、その辺りから雪は期待できないと感じ、テンション下がり気味down
宿に着いても晴れていて、ほとんど雪も積もっていませんでした。

宿のチェックインは、上の写真の「鶴之湯事務所」です。
ガラっと引き戸を開けると、すぐ右横に湧水?で冷やされているドリンク類があります。

Img_0849_4

1泊目の部屋は、一番歴史のある「本陣」の1号です。
写真は翌朝撮影したものですが、雪が降ってきてくれました。

Img_0841

昔は反対側にもあったという本陣は、現在はたった5部屋しか残っておらず、
なかなかこの部屋は人気があって取れません。

敷地内を歩くと少し離れた所に、見た目には宿泊できそうな本陣がありますが、
こちらも現在は宿泊できないようです。
Img_0853

中はどうなっているかというと・・・まさに秘湯の宿という雰囲気です。
いちばん古い部屋なので寒いと思われる方もいるようですが、意外に寒くはありません。
これまで本陣にしか宿泊したことはないのですが、何度来ても本陣の雰囲気は良い!!

Img_07721_294

本陣にはすべての部屋に囲炉裏が付いて、かなり広くて快適。
1号の部屋には「舞鶴」の額縁が飾られていました。
(入浴五十周年記念として当時19歳の人が作ったものらしい)

Img_0840_2

トイレはウォシュレットできれいですが、水圧が低いので流すだけ。
貴重品は宿に預けるため、貴重品袋が置いてあります。
乳頭まんじゅう1個と折鶴でおもてなしです。

289_2291_2

ひとり旅、何も不自由ないし、なかなか楽しいわ。

→ つづく (温泉)

|

« 法師温泉「長寿館」 ~ (旅館料理と感想) | トップページ | 乳頭温泉「秘湯 鶴の湯温泉」 ~ にごり湯の雪見露天風呂 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186041/58460572

この記事へのトラックバック一覧です: 乳頭温泉「秘湯 鶴の湯」 ~ ひとり旅:

« 法師温泉「長寿館」 ~ (旅館料理と感想) | トップページ | 乳頭温泉「秘湯 鶴の湯温泉」 ~ にごり湯の雪見露天風呂 »