« 由布院「玉の湯」 ~ (朝食) | トップページ | 大分県・由布院 「亀の井別荘」 »

2007年9月19日 (水)

由布院「玉の湯」 ~ 宿と由布院の感想

■ ニコルズ バー ■

チェックアウトの後に立ち寄ってみた。
昼はカフェ、夜はカウンターがバーになる。

熱々カップルならライトアップした夜のロウソクの灯りの中で語らうのもステキかも heart04
(ちなみに私たちは、木々の景色に癒されながら昼の珈琲タイムcafe。)

016

■ 暮らしの広場 由布院市 ■

宿の土産物屋さん「由布院市」
ここでは宿特製のジャムや調味料、食器などが購入できる。

Img_0346

由布院市で購入したもの・・・
シンプルな材料で作られたバタークッキー (薄くて固めで美味しかった)
ジャムは苺と無花果を購入。

Img_0516

◆ 由布院の街並み

この辺りは雰囲気は良かったが・・・、場所によってかなり雰囲気が違う。

Img_0345_2 Img__3  

◆ 金鱗湖

特に感動するところでもなかったが、
ここは湖底の一部から温泉と水が涌いていると言われている湖だそうで、
そのため、冬になると霧が立ち上り幻想的な姿が見られるということ。

Img_0059

■ 大分県(由布院温泉) 玉の湯HP 
〒879-5102 大分県由布市湯布院町湯の坪 
TEL 0977-84-2158 FAX 0977-85-4179

spa泉質:単純温泉
立寄り: 不可
客室数: 全18室
内湯2/露天2


★私の感想 (総合 ★★★★) 宿泊日:2007年9月 ※1泊2食 ¥40,000
温泉 ★★★
食事 ★★★★★ 
部屋 ★★★★ 
宿の雰囲気 ★★★★
景観・自然 ★★★
お気に入り度 ★★★★ (主に食事の部分で)

pencil 全18室の部屋は敷地内にプライバシーが保てるように点在していて、
私たちの宿泊した部屋はどのランクか不明だが、和室とベッドルームの二間で広々。
庭は眺めているほどの魅力はないが、木々に囲まれて気持ちのよい雰囲気だった。

料理は美味しくて大満足だが、温泉目的で重視する人には向かない。
内湯も露天もきれいだが、塩素臭があるし、温泉を楽しむ湯ではないね。

由布院はずーっと憧れていた場所だったが、実はよく知りもせずに宣伝に騙された感じ。
特に由布院の街や土産物の並ぶ界隈の雰囲気には、かなりガッカリ。
モンチッチ(猿のぬいぐるみ)の店やTシャツの店に、なんじゃ?コレ・・・と思った。
まるで、由布院版、原宿みたいな雰囲気に幻滅した。
もっと大人の由布院、おしゃれなカフェや豊かな緑を活かした店は作れないのか?
何となく、ちぐはぐした雰囲気があちこちに点在するのが残念だった。

由布院の温泉は「玉の湯」と「庄屋の館」しか知らないが、
温泉は「庄屋の館」の方が、湯も雰囲気も比べ物にならないくらい良かった。
由布院の御三家は(玉の湯以外は宿泊していないが)温泉以外の、宿の雰囲気や居心地、
ロケーション、食事などが重視なのだろうね。
でも、由布院に行ったら御三家はやっぱり気になる宿には違いない。

|

« 由布院「玉の湯」 ~ (朝食) | トップページ | 大分県・由布院 「亀の井別荘」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186041/55583469

この記事へのトラックバック一覧です: 由布院「玉の湯」 ~ 宿と由布院の感想:

« 由布院「玉の湯」 ~ (朝食) | トップページ | 大分県・由布院 「亀の井別荘」 »