« 黒川温泉 立寄り湯 「新明館」 | トップページ | 黒川温泉 立寄り湯 「いこい旅館」 »

2007年9月28日 (金)

黒川温泉 立寄り湯 「帆山亭」

こちらの宿は最上流の東奥黒川に建つ 「源流の宿 帆山亭」。

ロケーションが良さそうでなので、立ち寄り湯で行こうと選びましたが、
他の宿とは少し離れているため、車がないと行きにくい場所です。
ただその分、立ち寄り客も割りと少なくて穴場かもしれません。
(私たちは、宿泊先・黒川荘の宿の車がたまたま帆山亭へ行くということで、
幸運にも送っていただけることになりました。)


駐車場から石段を下りると宿が見えてきて、大きな池を囲むように
フロントと客室が建っていました。(暖簾がなびいているところが玄関)

Img_0444

周りには、ラムネが冷やされていたり・・・
Img_0446_3

ゆで卵が蒸されていたり・・・

Img_0443   

飲用できる冷たーい湧水(14℃)が、こんこんと湧いている。

Img_0449_2

湧水の岩にはきれいな苔や草が生えて、澄み渡る水との自然美に感動します!

この地域は温泉あり、湧水あり、美味しい食もありで、本当に自然に恵まれた
すばらしい土地と景観だと感じます。
こういう風景と自然は、永遠に守ってもらいたい大切な財産ですね。

さて、受付で入湯手形を出して渓流沿いの温泉へ。

こちらは混浴の「天狗の湯」 
112

湯はうっすらと濁りのある温泉で、それほど熱くない。
誰もいなかったのでゆっくり入ることができました。
(混用へは、女性の露天風呂から行けるようになっています。)

露天は渓流沿いに造られているため・・・こんな看板が。(クリックで拡大)
これ読んで、ちょっと川を覗いてみたが、確認できず。

114_3 Img_0433

夜は露天に設置してある「星空スイッチ」を自由に切って、星空を眺めることもできる。

その他、シャンプー・リンスは上流に位置しているので、宿専用のものを使用する!
(ここに限らず、渓流沿いや山奥の温泉などでは自然に優しいシャンプー類を使うのがマナーですね。)



◆ 女性用露天風呂「仙女の湯」  ※ 写真は宿のHPよりお借りしました。
現在の仙女の湯はぬる湯と冷水風呂の両方を楽しめるように造り替えられたようだ。

Photo

■ 源流の宿 帆山亭 HP
〒869-2402 熊本県阿蘇郡南小国町東奥黒川温泉
Tel 0967-44-0059 Fax 0967-44-0095

spa泉質: 含イオウナトリウム塩化物泉・硫酸温泉
立寄り時間: 9時~21時 ¥500または入湯手形
露天:混浴1、女性1
適応症: 糖尿病・皮膚病・リウマチ・神経病
客室数: 11室(すべての部屋に露天風呂または内風呂付き)

★ 私の感想(立寄り湯) 2007年9月
温泉 ★★★☆ 
宿の雰囲気 ★★★★
景観・自然 ★★★★★
お気に入り度 ★★★★

pencil 温泉は露天が2つのみで、内風呂はない。
その代わり、全ての部屋に露天または内風呂が付いているが、個人的には内湯もあった方が
「宿泊したい度」は強くなるかも・・・というところ。

|

« 黒川温泉 立寄り湯 「新明館」 | トップページ | 黒川温泉 立寄り湯 「いこい旅館」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186041/55604617

この記事へのトラックバック一覧です: 黒川温泉 立寄り湯 「帆山亭」 :

« 黒川温泉 立寄り湯 「新明館」 | トップページ | 黒川温泉 立寄り湯 「いこい旅館」 »