« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月27日 (月)

神奈川県・湯河原 「エルルカン・ビス」

タクシーで湯河原の宿 「石葉」まであと少しという急な上がり坂の途中、
以前は見かけなかった小さな看板?らしきものがお洒落で、目に入った。

078_2

運転手さんに、さきほどの場所は何か?尋ねてみると、
最近できたフレンチレストランで、お昼は割りと満席らしいと教えてくれた。

そうと訊いたら、私の気持ちはソワソワしてきた。
食いしん坊の私、これは行かない訳には行きません。

宿のチェックインもそこそこに、仲居さんに話すと宿と協力関係にあるらしく、
さっそく電話して、運よく空きが1席だけあって予約を入れてもらうことができた。

翌日チェックアウト後に、宿から徒歩で向かった。

079_3
タクシーから見えた小さな看板らしきものは、
メニューでした。(詳細は拡大で)

◆ランチは2つのコース
・木漏れ日のランチ ¥3,675
・陽射しの中で宵の趣を ¥5,250





レストランは30段ほどある階段を下った所に広がっていました。

わぁ~お!

階下にはきれいな竹林が広がり、自然がいっぱい。
階段を一段一段、降りる度に視野に迫ってくる景色にワクワク感が増します。
とても素敵なロケーション。

080_2

扉を開けて、またさらに店内へのドアを開いて店内に入ると、
一面のガラス張りで、目の前に広がる竹林に、目の覚めるような感動を受けた。
黒と白を基調にした店内は、竹林の緑をより引き立たせている。

086

注文したコース ◆木漏れ日のランチ
・アミューズ/一の前菜/二の前菜/肉料理or魚料理/デザート2種/珈琲


何度も「おいしい!」とお代わりをしたパンは、フランスから冷凍輸入しているというバゲット。
外はカリッと、中はもちっとしていて、実際は白っぽい色をしたフランスパン。
バターを付けずにそのまま食べても十分おいしい。

アミューズはチーズパイと野菜のマリネだったかな?
パイはチーズの味が濃厚で、甘くはなく、ほんのり塩味でサックサク。

089_2 088_3

前菜ひとつ皿目は、海老や蛸、野菜はオクラ、人参、じゃがいもなどが重ねられていた。
野菜の歯ごたえも残り、とても美味しい一皿。

090_4


2皿目の前菜は、温泉卵のジュレ掛け。いくらもちりばめられて・・・☆

091_3

スープは濃厚でとても滑らか。お代わりしたいくらい美味しかった。

092_2

メインは私は魚、相方はお肉。

魚は、皮がカリッとしていて、身はしっとりと美味しかったし、
彩りがきれいな野菜の付け合せは、それぞれ味がしっかりと感じられた。

094_2

肉は「つくば美豚」という豚肉だそう。
ひと口食べさせてもらったが、こんな豚肉があるのか?と思った。
やわらかくて、ふだん口にしている豚肉とは全く違う食感と味に驚いた。

095_2

デザートは2種類で、おまけサイズでなく、しっかりと2皿出される。
一皿目はチョコレートタルトとアイスクリーム。

実はこういう生チョコ系タルトでは美味しいと思える味に出会ったことがないので、
目の前に出されたときは少しがっかりした。

が、ひと口食べてみて、感動。

これは、なかなか出会えないレベルかも。すごくチョコが美味しい。
確かベルギー産のチョコだったと思うが、変な甘さもとろーっとした脂っぽさもなく、
本当に美味しい濃厚な苦味のあるチョコレート。

パイ生地も出来たてのようにサクッとしていて、味がとても良い。
そのパイとチョコが口の中でともて美味しく混ざり合う。
いやぁ~、これは私が食べた中で一番気に入ったチョコレートタルト。
ひと口ひと口、味わって食べた。

096_8

2皿目のデザート、プリンは定番のようです。
やわらかプリンより、こういうちょっとハードなプリンが食感があって好きだ。
プリンの味も甘すぎずおいしいし、苦味のあるカラメルも絶妙で大満足のデザートだった。

2_097_3

clip エルルカン ビス HP ★★★★★

〒259-0134 神奈川県足柄下郡湯河原町宮上744-49
電話 0465-62-3633 定休日:毎週水曜日
ランチ 11:30-14:00(L.O)
ディナー 平日・日曜 17:30-20:30(L.O) 休前日 22:00(L.O)

 

pencil 私たちが行ったこの時は、恵比寿からここ湯河原へ場所を移して4ヶ月くらいの時。
その後2回行っているが、3回目は少し味に感動がなくなっていた。
シェフが違うのだろうか??
近ければ月1に行きたいと思うが、湯河原駅からはタクシーで15分。
それでも、ロケーションと味は、行く価値は十分ある。
また、レストランの外には足湯もあり、竹林を見ながら浸かることも可能。

| | トラックバック (0)

2007年8月26日 (日)

湯河原温泉「石葉」★再訪 ~ (朝食)

■ 朝食 ■

朝、絞りたてのみかんジュースを持ってきてくれました。

046

Photo_3

554_4 2_015 3_053

052 006 057

朝食も、どれも美味しいものばかり。
豆腐は木綿で濃くて美味しかったし、レンコンの炒め物、煮物、アジの開き、
漬物なども、量もちょうどよく、おいしい朝ごはんでした。

059_3

デザートのヨーグルトには、
お土産にも購入したブルーベリージャムが
かけられていました。



■ お土産 ■

宿で購入したブルーベリージャム。おススメ!
099



■ 神奈川県(湯河原温泉) 石葉HP
〒259-0314 神奈川県足柄下郡湯河原町宮上749
TEL:0465-62-3808 / FAX:0465-63-5707 

★私の感想 (総合 ★★★★) 宿泊日:2007年6月
温泉 ★★★  ※ 浴槽内やタオルの清掃がよくなかった為
食事 ★★★★☆ 
部屋(大観) ★★★★★
宿の雰囲気 ★★★★★
景観・自然 ★★★★
お気に入り度 ★★★★

pencil 山を登った高台に、本当にひっそりと佇んでいる宿。
全部で9室で、まさに隠れ家の宿という感じです。

料理は季節や旬を感じる献立となっていて、食事が楽しく、嬉しい宿。
料理がこれだけ良かったので、水菓子がもう少し感動のあるものがほしいと思った。
選べるようにしてもらえたら嬉しいのだが。
でも、近場なので今後も四季を通して温泉と食事を楽しめる宿として再訪したい。

danger 猿 出没します!
夕方、屋根や庭にドン!という音や気配がしたので仲居さんに訊いたら、
猿が来るということだった。(ちょっと怖かったぁ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月25日 (土)

湯河原温泉「石葉」★再訪 ~ (夕食)

食事は朝夕とも、部屋出し。
前回 「美味しかった」 と、記憶した夕食が今日、数年ぶりに味わえる!
そう思い返しながら、楽しみにしていた夕食が部屋に運ばれてきました。


◆ 2007年6月の献立


055

◆先付

左 : 穴子胡瓜酢掛け 
右 : 水無月豆腐 (小豆が入っている豆腐 ほのかな甘さとわさびでピリッ!)

051

◆八寸
常節の肝和え、白瓜、鯵すし、車海老の黄味挟み・・ほか


054_2

鯵すしは、酢めしの中にシソが入っていて
とても美味しかった。
どれも旨い!







◆お椀盛 (鮑、湯豆腐の椀) あわびが肉厚だった。
◆向付 (いさき、鱸、いか)

 
058 056

◆焼肴 (鮎)
1人 2尾づつの鮎塩焼き  おいしぃ~(^.^)
鮎と一緒に出てきたのは「無花果の湯葉掛」

060_3 063_3 

◆天城鶏、新玉ねぎ、アスパラ、温泉卵

これは、最高に美味!
064

●芝海老蓮根揚、そら豆かき揚
●じゅんさい


067_2


◆御飯
鯵のなめろうとお新香がついてきました。
右上の小さな小鉢に入っているのが 「なめろう」
この“なめろう”は、本当に舐めたくなるくらい美味しかったです。

069

◆水菓子 (わらび餅と桃)
070

今回の水菓子は、普通というか、感動なし。
以前はデザートが確か選べたような気がしたけど変ったのだろうか。
それとも記憶違いか・・・?
そんな事を思ってしまったため、水菓子で感動がややダウンしたが、
すべてが美味しいと思える内容ではあった。

| | トラックバック (0)

2007年8月24日 (金)

湯河原温泉「石葉」★再訪 ~ (温泉)

030

外の階段を上ってお風呂へ向います。

お風呂は、男女入替制で、それぞれ内風呂と露天がある。
どれもお風呂は小さいが、部屋数を考えるとちょうど良い感じ。

他の宿泊客と一緒になることは殆どないので、湯船は毎回独り占め状態。

脱衣所にはタオルのほかに冷たい麦茶が常備されているし、
その先には休憩できる見晴らしのいいスペースがある。
脱衣所からこんな景色を眺められる旅館は、あまりないですね。

061

065_2 032_2


こちらは庭の眺めを楽しめます。
藤棚が目の前にあるので、その季節にはきっときれいでしょうね。

040_2 036

もう1つの露天。
宿が高台にあるので、こちらは隙間から遠くの山が見渡せます。
開放感はこちらの方があって、気に入りました。

076

宿で使用しているバスアメニティはすべて、MARKS&WEB
ハーブの香りが爽やかで、品質も優しい。

031 045

今回ちょっと残念だったのは、タオルが半乾きの匂いがしたこと。
それとお風呂の中がぬるぬるしていて、掃除が行き届いていないような
感じだったのが残念でした。

| | トラックバック (0)

2007年8月23日 (木)

湯河原温泉「石葉」★再訪 ~ (部屋・館内)

spa 宿泊日:2007年6月(1泊) 神奈川県 『石葉』 ※2度目の再訪

前回は確か、2003年に行ったので、約4年ぶりの再訪。
県内なので、近くからロマンスカーに乗って湯河原へ向かった。

前回宿泊したときの記憶・・・
私 ・・・料理が朝夕とも美味しかったことだった。
相方・・・お風呂が小さくてイマイチ。部屋もお風呂への入り口近くでうるさかった。

という記憶しかないらしい。
しかも石葉までの車中で車酔いもしたらしい。(途中、くねくねと山道を登る)

ちゃんとしたカメラさえ持っていなかった前回とは違い、
現在では写真を撮ることにも興味を持つようになり、初心者ですが写真も増えてきました。
前回と料理が比較ができないのは残念ですが、そこは文字で補足できれば・・・。



■ 館内 ■

変わらぬ、長い暖簾に「石葉」の書が素敵です。 玄関は意外にシンプルでした。

026 022

フロントはなく、談話室?待合室?みたいな場所があり、ここに一旦通されました。

再訪しているというのに・・・、
玄関から部屋まで、どんな感じだったか?まったく記憶に残っていないけど、
お忍び?にも使えそうな、まさに隠れ家的な雰囲気の小さな和風旅館です。

021 028

■ 部屋 ■

今回の部屋は、前回より眺めのよい部屋に通されました。
遠くの山並みも見渡せます!気持ちいぃです。

105

009_3
 

右側にも窓があるので庭も見えて、明るさや開放感がありました。
この部屋はなかなか良いです。

207_2 008

部屋のお風呂も窓が大きく、前回より開放感と明るさがあった。

016_3 010_2

お部屋に案内されてしばらくすると、お菓子とお茶を持って来てくれました。
白と紫のきれな色をした餡の和菓子です。 とても上品です。 

007_4

| | トラックバック (1)

2007年8月22日 (水)

神奈川県・湯河原 「割烹しらこ」 

湯河原駅から歩いて2.3分の場所にある和食屋さん 「割烹しらこ」で昼食。

pencil ここの板長さんは、以前「石葉」の料理長だったと、どこかで読んだことがあった。
石葉の料理長だったかは確認していないが・・・、なるほど、美味しいわけだと納得。
素材すべてにこだわっているし、盛り付けもお洒落だ。


Photo Photo_2
※外観・店内写真(お店HPよりお借りしました。)



●海鮮丼 ¥2,100(税込)
 
その日の仕入れでネタは変わるというが、5~6種類の魚介が酢めしの上に乗っている。
ネタはどれも新鮮で、特に(とびっこ)が、こんなにプチプチと美味しいものだとは・・・
こんなの初めて! (ん~、こういうのはマクロレンズで撮ってみたい!!)

その他、海鮮丼には、サザエの壷焼きや小鉢もついてくる。
サザエも味を活かしていながらも、三つ葉をちらしてアクセントになっていたりして、
味が洗練されていると思う。
小鉢のひとつひとつも、どれも美味しかった!

001 007_3

●刺身定食 ¥2,100(税込)
6種類の刺身の盛り合わせと小鉢が付いている。
これも刺身はもちろん、つけ合わせの全てが美味しい。

値段はちょっとお高めですけど、どれも美味しくて満足できる。

002

clip 割烹しらこ HP ★★★★

〒259-0303 神奈川県足柄下郡湯河原町土肥1-5-15
電話 0465-63-6363 火曜日定休
昼 11:30~14:00/夜 18:00~22:00   ※カウンターとテーブル席あり

| | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »