« 仙仁温泉「岩の湯」 ~ 2日目(朝食編) | トップページ | 仙仁温泉「岩の湯」 ~ 3日目(朝食編) »

2006年12月20日 (水)

仙仁温泉「岩の湯」 ~ 2日目(夕食編)

この宿で2泊するのは初めてなので、どんな夕食が出るのか??
それが最大のたのしみでした。 そして11月宿泊の2泊目の夕食は・・・

114_128

◆先附、前菜 「じごぼうと丸ナスと、山里のおもてなし」

114_120

もみじや菊などに彩られていて、季節感を見た目でも味わえる。
日本料理って、本当に素敵な食文化だ。 先附、前菜は、どれも美味しかった。


お酒も、こんな演出で。。☆  
これ、結構強いお酒で・・・最後は飲みきれず。
114_139


◆焼き物「イトウ塩焼き」

珍しいイトウ??
これは天然物ではないでしょうが、なかなか食べられませんよね?
魚とは思えない味で、まるで鶏肉のような食感と香ばしさで、とても美味しかったsign03

ちなみに、熱々で美味しいことには間違いありませんが、
毎回、向附より先に焼き物がでてくる不思議さは感じます。

114_143

◆向附 「信州サーモンとイトウ」    ◆汁 「かぶすり流し」

114_140 114_141

お造りにもイトウが出た!
昨晩は1年前と同じお造りだったので、2日目のお造りには満足した。

すり流しには大きな、なめたけが入っていた。
上品な味で美味しかった。

◆強肴 (2日目は3種類から選択できる)

「杉の香焼」 いろんな秋の味覚を朴葉味噌焼風にして食べます。美味しかった!

114_145

「ちり蒸し」 私はこちらを選択したが、、これは失敗だったなぁ。。。

114_144

相方 「いつも選択を失敗してる」と、旨そうに杉の香焼を食べながら言う。

ちり蒸しは、薄く切った肉の下にマロニーと白菜。
これをポン酢につけて頂くのだが・・・昨日の信州牛もポン酢で食べた。

食材はまぁ良いとしても、もっと工夫した味で食べさせてもらいたい。
下から煙がでるような演出があったが、一気に宿の食事にガッカリした1品。
2泊してこのメニューだったら、絶対に「杉の香焼」の方をお勧めする。


◆箸休め 「焼りんご」
◆蒸し物 「ヤーコン包み蒸し」 酢の物 「ぶどうと柿の白和え」


114_146 114_147

◆ご飯・香の物

114_148

うわぁ・・・またすまし汁系の味を出してきた。
なぜ? 赤出汁、味噌汁などを出さないのだろうか?

もぉ、ホント、この味ばっかり何度も使われると飽きる。
味噌汁にして~!お願いです。




◆デザート

114_149

◆夜食

2泊目の夜の夜食として出てきたのは、おにぎりでした。(漬物付)
きれいです。 四季と楽しさを感じます。

114_136

こういうシンプルなのが美味しかったりするんですよね~。
おにぎりは小さめだけど、あれだけ食べた後なので、すごく苦しかった。

|

« 仙仁温泉「岩の湯」 ~ 2日目(朝食編) | トップページ | 仙仁温泉「岩の湯」 ~ 3日目(朝食編) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186041/13694254

この記事へのトラックバック一覧です: 仙仁温泉「岩の湯」 ~ 2日目(夕食編):

« 仙仁温泉「岩の湯」 ~ 2日目(朝食編) | トップページ | 仙仁温泉「岩の湯」 ~ 3日目(朝食編) »