« 静岡県「民宿 かいとく丸」 ~ 対応が悪かった | トップページ | 静岡県「浜辺の宿 濤亭」 ~ 部屋から眺められる白い砂浜と海 »

2006年12月 2日 (土)

宇久須温泉「漁り火の宿 大和丸」 ~ 天然温泉のある海辺の民宿

spa  宿泊日:2006年8月 静岡県 『漁り火の宿 大和丸』

今年の夏もまた伊豆の民宿に泊まりました。
こちらのお宿は朝食の美味しい宿として温泉評論家に紹介されたこともある。

◆宿の玄関と裏手から見える景色

20068_035_2 20068_013

■ 部屋 ■
私たちの宿泊した部屋は、この宿で一番眺めが良いのではないかと思う。
と言っても、宿のあるここの海は漁港なので、ロケーションはよくありませんが、
かなり広い部屋でした。

この宿の部屋は古いままのようですがとても清潔で、トイレ(共同)は、
最新の様式(ウォシュレット)です。(廊下には漫画本もある)

20068_010

pencil 民宿に泊まるのは海へ行くときぐらいしかありませんが、
小さい頃は家族や親戚と一緒に毎年、海の民宿に泊まっていました。
なので、こういう素朴な民宿に来ると、その頃の懐かしい思い出がよみがえってきます。

私が小さい頃の民宿って、カブトムシが飛んできたり、木に大きなカタツムリがいたり、
自然がいっぱいで、本当に楽しくて素敵だったな。 夜はワイワイみんなで写真のような部屋に雑魚寝。 
民宿は子供の頃の楽しい思い出の場所です。

■ 食事 ■

豪華な船盛!「大和丸」。
イカのワタ焼き、カニ、イサキの塩焼き、サザエのつぼ焼き、鮑のお造り
煮物、漬物、果物などなど、テーブルいっぱいに並べられました!

20068_017

↓特別注文の鮑! 手のひらサイズで、肉厚~!!

20068_024 20068_026

このアワビは、¥3,000ですょ~\(◎o◎)/!
このサイズが獲れたため、どんなに大きくても「これ以上は頂けませんので・・・」
と良心的でした。

この宿でのアワビの食べ方は、バターや醤油などの味付けはせず、
そのままでいただきます。
前回宿泊時に、バターをもらおうとしたら「そのままの味で食べてください」と言われ・・・
仕方なくバターなしで食べたところ、これがとても美味しかったのです。
アワビの甘みと肝の味に、・・・なるほどねぇ~と思わず納得!!

翌朝、評判の朝食は・・・こんな感じです。

20068_033

品数が豊富な朝食。
サバのみりん漬けは、この宿定番なのですが、味が美味しいんです!
満足の朝食でした。

■ 温泉 ■

2ヶ所のお風呂があり、どちらも天然温泉です。
石風呂と檜風呂がりますが、私は檜の雰囲気と香りで、こちらが気に入りました。

 20068_016_2 20068_028                 

★彼の宿評価★ 各20点満点
静岡県(宇久須温泉) 漁火の宿 大和丸 総合点74点
温泉 15点
食事 18点
部屋 12点
宿の雰囲気 14点
ロケーション 15点

私の感想 ★★★★(^^♪
早めのチェックインだったのに、嫌な顔せずに部屋に通していただきました。
いつも宿の方の対応がよく、美味しい海の幸と天然温泉に大満足できる宿です。

pencil 宿泊料 1人 1泊¥8,400(入湯税別)、 別注あわび1個¥3,000×2 

今年、宿の看板娘?に初めてお目にかかりました♪
20068_015

この子の名前はミーちゃんだそうです。 かなり人見知り。
「もぅ10年以上経つおばあちゃんネコなんですょ」と言っていました。

ミーちゃん: 「もぉー、フラッシュたいて眩しいわょー」と、ちょっと迷惑気味な横顔?

◆2012年9月 記-----------------------------------------------------*
久々にホームページを見たら、露天風呂付きの部屋が1つ出来ていました。
値段も高かったですが、私たちは民宿では普通の部屋を楽しみたいと思います。

|

« 静岡県「民宿 かいとく丸」 ~ 対応が悪かった | トップページ | 静岡県「浜辺の宿 濤亭」 ~ 部屋から眺められる白い砂浜と海 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186041/49240510

この記事へのトラックバック一覧です: 宇久須温泉「漁り火の宿 大和丸」 ~ 天然温泉のある海辺の民宿:

« 静岡県「民宿 かいとく丸」 ~ 対応が悪かった | トップページ | 静岡県「浜辺の宿 濤亭」 ~ 部屋から眺められる白い砂浜と海 »