« 京都府「せいしん庵」 ~ 高級旅館とは言えない | トップページ | 大原観光 1日目 »

2006年11月 4日 (土)

京都府「旅館力弥」 ~ 失楽園の宿?

spa宿泊日:2006年5月5日 京都府 『旅館力弥』

昨年に続いて、またGWに京都へ行った。

今回は年末からいろんな問題や病院めぐりでGWを考えていなかったけれど、
手術と治療をする病院が決まったら、その前に旅行に行っておきたいと思い、
慌しくチケットを取って向った先は・・・新緑の京都♪

今回宿泊に選んだ宿は高台寺の目の前に位置する「旅館力弥」 
こちらの宿の1階の部屋は、映画「失楽園」で使われたそうです。

Photo Photo_2

私たちの部屋は、右の写真、2階の「①番」という部屋。
外国人客も多いらしく番号の部屋になっている。
窓からの眺めは庭の木が手入れされていないようで木々が生い茂り、
目の前のねねの道はまったく見えず・・・。

Photo_4

■ 食事 ■(1泊目の朝食)※8時~
メニュー:
焼き鮭、温泉卵、のり、いんげんの胡麻和え、煮物、ご飯に味噌汁。
食後に珈琲もあった(意外)
料理の量はちょうど良く、味もなかなか美味しかったけど・・・冷めていた。

■ 食事 ■(2日目の朝食)
メニュー:
白身魚の揚げ、いんげんのゴマ和え、温泉卵、のり、小鉢(内容忘れた)
ご飯・味噌汁

電話で起こされて (+o+) 食事の部屋へ行くと、すでに配膳完了。
昨日は私達のほかに3組のカップルがいたけど、今日は誰の気配もない。
それだけでなく、旅館の人の気配(音)もしない。

温泉卵のタレを付け忘れてる。味がない(;‐_‐)
揚げ魚、美味しいんだろうけど完全に冷めいるのが残念。

シーンとした12畳ほどの大きな部屋に私達だけ。

二人だけの静かな食後・・・
昨日出た珈琲が無かったので、厨房らしきところに行ったが返事がない。
仕方なく部屋に戻り、電話で呼んでみたが、なかなか出ない。
2度目の電話でやっと出て、珈琲を部屋に持って来てもらった。

食後のひと休みをして、チェックアウトのために階下へ下りていくと・・・
宿の階下で女将が待っていた。
支払いを済ませた後、「観光するなら荷物を置いて行ってもいいですよ」と言ってくれ、
ありがたく荷物を預ける。

そして私達が靴を履いている間に、なんと女将の身体は半分引っ込んでいた。
しかもその姿は・・・四つん這い状態・・・。
下半身は部屋の中、上半身は部屋から出た状態で見送りされてる私達・・・。
あり得ない光景だと思われるでしょうが、これホントの話し。

京都府 旅館力弥(HPなし)

私の宿評価&感想 ★(-_-)
GW片泊まり 1泊1人 朝食付 ¥12,600
ロケーションと観光にはすごく良い場所にあるけど、何とも気分が重くなる雰囲気で暗い。
もう宿泊はすることはない。

|

« 京都府「せいしん庵」 ~ 高級旅館とは言えない | トップページ | 大原観光 1日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186041/11414378

この記事へのトラックバック一覧です: 京都府「旅館力弥」 ~ 失楽園の宿?:

« 京都府「せいしん庵」 ~ 高級旅館とは言えない | トップページ | 大原観光 1日目 »