« 乳頭温泉郷 妙乃湯温泉「妙乃湯」 ~ 年末年始の旅 | トップページ | 京都府「せいしん庵」 ~ 高級旅館とは言えない »

2006年10月 8日 (日)

京都府「山志多」 ~ 素敵な片泊まりの宿

spa 宿泊日:2005年5月 京都 『山志多』

八坂神社の門前にある片泊まりの宿。

かつては一見さ んお断りで、首相や政府の要人が訪れる名旅館だったそうで、
昭和初期の古き良き京旅館の風情をしっかりと残した佇まいを見せています。

部屋に案内されると、
「このお部屋には、○○総理大臣が泊まったことがあるんですよ」と、女将さんから
訊いたのだが、名前は完全に忘れてしまいました。

moneybag 1泊朝食付きで、¥13,000 (宿泊は1日、1、2組のみ)
door 門限は22時

片泊まりの宿にもいろんなタイプがあるが、
こちらの宿はご夫婦だけで営んでおり、昭和の雰囲気漂う上品な個人宅のようで、
私たちは少々緊張気味でチェックイン。
でも、迎えてくださった宿の女将さんはとても優しくて温かい方でした。

朝食は特別なものではないけれど、お世辞ぬきに本当にどれも1品1品がとても美味しくて、
特に卵焼きや胡麻和えなどは、忘れられない味だった。
値段だけ見れば少々高く思うかもしれないが、歴史ある宿と美味しい朝食に価値がある。
この宿を切っ掛けに、京都に行くときは片泊まりに宿泊しよう!と思いました。

チェックイン後は宿を後にして、門限ギリギリまで京都をいろいろ観光して戻ると、
女将さんが待っていてくださり、「疲れたでしょう」と、フルーツを出してくれました。
片泊まりなので夕食は付かないのに、思いがけないデザートサービスにびっくりsign03
しかも、暑い夏の夜に冷たく冷やしてくれたフルーツ。
うれしい心遣いのあるサービスだなぁ~と思いました。heart04

夜、女将さんが
「今は暗くて見えないけれど、庭がきれいですから朝になったら見てくださいね」と言っていた。

翌朝、懐かしい木でできた雨戸を開けていると、その音を聞いた女将さんが来て、
「お目覚めですか?、雨戸、よぅ開けられましたね。難しかったでしょう?」と言われた。
(私の子供の頃の家はこれと同じだったので開けられたけど、コツがいるんですよねsweat01

雨戸を開けると、しっとりとした庭と花が目に飛び込んできました。
とても懐かしい感じのする日本の庭というか、美しく眺めの良い風景でした。


★相方の宿評価★ 各20点満点
京都(下河原) 山志多 総合点 66点
お風呂 6点
食事 16点  ※ 部屋食です。
部屋 12点  
宿の雰囲気 16点
ロケーション 16点

私の感想 ★★★★★!(^^)!
入り口から玄関、お部屋、お風呂や台所、庭の眺めに至るまで、
昭和の昔の佇まいにタイムスリップしたような感じで、ほんとに素敵な宿でした。

私たちの部屋は10帖程はあったと記憶していて、割と広く感じた。
トイレは和式。お風呂は小さめだった。

女将さんの素敵なもてなしと笑顔、そして料理の美味しさがとても気に入り、
今年もここにお世話になろうと思って電話をすると、
残念なことに、身内にご不幸があったとかで、現在は閉めてしまったそうです。
優しい女将さんと美味しい食事の宿だっただけに、本当に、本当に残念。

今となっては、とても貴重なお宿に宿泊できたことは、すごく幸運でしたが、
この頃、まだ写真を撮るという趣味がなかった為、写真がないのが非常に残念。

◆京都片泊まりの宿情報「一個人 大人の「隠れ京都」案内
http://www.ikkojin.net/kyoto/03.html


danger 【2012年夏・最新情報】
もしかして再開されていないかなぁ?と思って電話をしてみたところ、
なんと、女将さん一人で宿を再開されていました!
嬉しくて、早速に予約をさせてもらったのですが、
他の宿や食事などの予約が取れず、申し訳なかったがキャンセルに。
でも、京都へ行く際には絶対に山志多さんに宿泊しようと思います。

|

« 乳頭温泉郷 妙乃湯温泉「妙乃湯」 ~ 年末年始の旅 | トップページ | 京都府「せいしん庵」 ~ 高級旅館とは言えない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186041/49152343

この記事へのトラックバック一覧です: 京都府「山志多」 ~ 素敵な片泊まりの宿:

« 乳頭温泉郷 妙乃湯温泉「妙乃湯」 ~ 年末年始の旅 | トップページ | 京都府「せいしん庵」 ~ 高級旅館とは言えない »