« 湯河原温泉「石葉」 ~ まさに隠れ家的な小さな宿 | トップページ | 宝川温泉「汪泉閣」 ~ 関東一の大露天風呂は圧巻! »

2006年9月 2日 (土)

扉温泉「明神館」 ~ 立ち湯露天は雑誌で有名

spa 宿泊日:2004年元旦 長野県 『扉温泉 明神館』

露天風呂付きの宿がマイブームで、元旦を過ごす宿としてこちらを選んだ。
泊まりたかった露天の部屋はすでに満室だったため、好みでなかったが猫足風呂の部屋となる。
露天風呂付きでも、この部屋は眺めもそれほど良くなかった。
(今考えてみれば、この部屋は露天でもないし・・・別の部屋にすれば良かった。)

Photo

■ 宿 ■
標高1050メートルにあり、創業は昭和6年(1931年)と古い。
この宿より上流に、民家はないそうだ。
岩の扉が天から降ってきたから「扉峠」という・・・
また、神様たちが湯治に訪れる場所だったともいう・・・
神様にまつわる説があり、創業者が「明神館」と名付けたということ。

自家発電をしており、携帯電話のアンテナもないということで優しい宿です。

■ 温泉 ■ 
湯は単純泉(芒硝泉)の無色透明。温泉温度が42度と少~し熱め。

お風呂は内風呂や露天、寝湯など、いろんなお風呂があるのでかなり楽しめる。
とくに、雑誌の表紙にもなっている「雪月花」という立ち湯はお薦め!!

私たちが行ったときは、立ち湯からの景色は雪景色できれいでした。
立ち湯の中にはサウナやミストサウナなどもある。

森林セラピーにもなる樹木から出る癒しの香りは、夜の方が強い効果があるということ。
夜、ここの立ち湯からは木々の香りが強く感じることができて、香りと湯の癒し効果は
私自身はかなり感じることができたので、「雪月花」ばかり入っていた。

※こちら写真は宿よりお借りしました。

Spathum1_1 Spathum3_1
Spathum4_1

玄関付近にあったと記憶する混浴露天は、恥ずかしくては入れませんでした。
(2012年 記 : 今なら迷うことなく入っていると思う。)


■ 食事 ■

現在(2010年)では、和食よりフレンチですでに有名になっているようだが、
宿泊時にフレンチがあったかは記憶になく、このときは和食のメニュー。
地産地消の懐石料理とのことだが、今回は元旦のため特別料理。

食事は朝夕ともに食事処で。
001_3   


夕食は暖炉のある食事処だった。
テーブルに案内され、席につくと、重箱が各自に運ばれてきました。

元旦だったので、お節が出たのは嬉しかったですが、1人につき、「壱の重」 「弐の重」 とあって、その量にびっくりsign03
少し小さめの重箱とは言え、ものすごい量。
重箱の中身は2人分といっても良いくらいだったup


メニューを見ていただくとわかるが、「もどき」ではなく、これはもう立派なお節sign03
これだけでも、もう「ごちそうさま」という苦しい状況になってしまったのに、それから11品も出てきましたpig
まぁ、これだけ出ると金額以上という感じもするし、大満足はできる。
ちなみに、私たち2人はかなり頑張って、ほぼ食べることができた。
最後のデザートのとき、仲居さんに「これ、完食する人いるんですか!?」と聞くと、
「お重はお部屋に持って行かれる方もいます」と。
そぅすれば良かったょぉ・・・(>_<)

あと印象に残っている事といえば・・・
この頃は馬刺しを食べないようにしていたため(馬と接していた時期があり、好きな動物なので)
他のものに代えてもらったら、カニの足が1本出てきた。
突然の対応だったので仕方ないが、ここでは食べられないものに対応はしていないような感じでした。

また、食事のあちこちに「白髪ネギ」が多く使われていて、翌日まで口の中にネギの味が
残っていた記憶がある。
朝は、また別の食事処で食べるが、内容は忘れてしまったsweat01
今度宿泊するなら、フレンチを食べてみたい。

■ アロママッサージ ■

明神館では、ボディのマッサージを受けました。
男性も受けられます。 気持ちよさは、まぁまぁかなぁ~?

★相方の宿評価★
 各20点満点
長野県(扉温泉) 明神館HP 総合点 87点
温泉 18点
食事 18点
部屋 18点
雰囲気 17点
ロケーション 16点
   

私の感想 ★★★(^_^;)
玄関や混浴露天、館内の一部などは昔の旅館を思わせる雰囲気があった。
部屋によっては、★が4つだったかもなぁ~?というところ。
(アメニティはかなりお洒落だったsign03

冬もいいですが、木々の緑や秋の紅葉に囲まれた景色は気持ちいいだろうと思った。
今度行くなら、もっと眺めの良い部屋に泊まってみたいですが・・・
お正月は常連さんが良いお部屋をいち早く押えているらしい (-"-)
(有名な玉の湯さんは、年末年始は常連さんだけしかとれないらしいしねぇ・・・)

|

« 湯河原温泉「石葉」 ~ まさに隠れ家的な小さな宿 | トップページ | 宝川温泉「汪泉閣」 ~ 関東一の大露天風呂は圧巻! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186041/12580096

この記事へのトラックバック一覧です: 扉温泉「明神館」 ~ 立ち湯露天は雑誌で有名:

« 湯河原温泉「石葉」 ~ まさに隠れ家的な小さな宿 | トップページ | 宝川温泉「汪泉閣」 ~ 関東一の大露天風呂は圧巻! »